WSBK予選前に重大事故。青山博一は17番グリッドデビューに

MCNより

WSS、WSBK予選前に行われたASS(オーストラリア スーパースポーツクラス)で発生した重大事故により、ワールドスーパーバイククラスのスーパーポールは中止、2日間の予選タイムでグリッドが決定し、青山選手は17番グリッドデビューとなりました。

“WSBK予選前に重大事故。青山博一は17番グリッドデビューに” の続きを読む

青山博一は15番タイム スーパーバイクオフィシャルテスト初日結果

Motomatters.comより

フィリップアイランドで開催されたWSBKオフィシャルテスト初日の結果は下記の通り。

4番手タイムをだしたBMWのレオン・ハスラム選手は転倒により踵・脛骨の骨折と診断された。ボルトを入れて、今週末のレースに参加できるかどうか。

“青山博一は15番タイム スーパーバイクオフィシャルテスト初日結果” の続きを読む

本日正式発表!芳賀紀行選手、2012年はBSB参戦へ

Asphalt&Rubberより

芳賀紀行選手の今後についてここ2,3週間の間に話題となっていたBSBへの参戦についてだが、本日ヤマハレーシングから正式に発表があり、”ニトロ・ノリ”は再びYZF-R1を駆って、Swan YamahaとともにBSBへ参戦することとなった。 “本日正式発表!芳賀紀行選手、2012年はBSB参戦へ” の続きを読む

青山博一inオーストラリアでのテスト「もっとバイクとタイヤの理解が必要」

MCNより

「青山とレイ、フィリップアイランドでの3日間のテストをいい感触で終了」

ホンダワールドスーパーバイクチームのジョナサン・レイと青山博一はフィリップアイランドでの3日間のテストをいい形で終了した。 “青山博一inオーストラリアでのテスト「もっとバイクとタイヤの理解が必要」” の続きを読む

スーパーバイクレース ロシアで開催決定

MCNより

ワールドスーパーバイク選手権がロシアで今後10年開催されることが決定。

ロシア初開催は新モスクワレースウェイサーキットにて、2012年の8/24~8/26。

世界レベルのモータースポーツがロシアで開催されるのは初めてのことだそう。

SBKの主幹プロモート会社Infront motors CEO Paolo Flammini氏は

「新しいマーケットを開発することはプロモーターとしての私たちの仕事です。世界には経済発展を遂げ、二輪業界が成長している地域があるのです。

アジアでは二輪マーケットがとても大きいですが、ロシアではとても興味深いことに、二輪業界規模は小さいながら成長中の企業がたくさんあるのです。これらの企業は世界への認知度をあげようとしているので、潜在的にチームスポンサーになり得る企業なのです。」

 

ジョン・ホプキンス、クレセント・スズキとサイン。SBKへ

MCNより

ジョン・ホプキンスはクレセント・スズキとの契約にサインし、SBKのワールドタイトルを目指すことに。

MotoGPでのことはとても残念だったよ。
でもその後としてはクレセント・スズキチームと共に
WSBに参戦することが一番の選択肢だった。
他チームからのオファーは関係なく、
クレセントのために乗ることが1番だったんだ。

バイクの感触はとても良いよ。
このチームと共に世界タイトルにステップアップすることができて、
全てがwin-winな状況だね。
このチームは家に帰ってきたような雰囲気を与えてくれるんだ。
ポール・デニング、Jack Valentine、チームチーフLes Pearsonと共に戦えて本当にうれしいよ。
来年は彼らと共に素晴らしい年を過ごせそうだよ。

 

Motomatters.comによると、

  • WSB参戦にあたり、ヨシムラがエンジン・マフラーの開発に携わる
  • Troy Baylissの使用していた#21を引き継いで参戦すると思われる
  • チームメイトはレオン・キャミア

 

青山博一、スーパーバイクマシン初ライドinカタール

MCNより

Castrol Hondaのジョナサン・レイとWSB初参戦の青山博一がカタールのロサイルサーキットで二日目のテストを行った。
気温33℃路面温度50℃というほぼ完璧なテストコンディションに恵まれた。先週末の世界耐久8時間レースの後ということで、タイヤグリップも素晴らしい状態だった。
青山は昨日初めてSBKマシンを駆りながら、自分のライディングをうまく適応させ、ラップタイムを大きく削っていった。
レイ主導で新パーツのテストを行われ、これまでのところシャーシとサスについて集中して試していた。2012年は、これまでのAndreaniオーリンズから、完全なファクトリーオーリンズサスにスイッチするので、彼は全く新しいパーツを評価することになる。
レイいわく、

とても良くなっているよ。いくつか大きな変更をしてとても進化している。このテストの狙いは、2011年パーツと2012年マシンの開発で、そのほとんどはシャーシに関するものだよ。
当初のテストではタイヤの耐久に問題があってレースの半分の距離しか持たなかったけれど、今は18フルラップを良いタイムで走れるようになっているよ。

レイと青山の3日間のテストは明日で終わる。