09th 7月2012

小ネタまとめ

by レオ

7/9GPweekより

・ブリヂストン:アッセンでのタイヤ問題は我々の責任ではない

アッセンでは、ロッシ・スピーズ・バルベラのタイヤで、タイヤの塊が剥がれ落ちたりしましたが、これについてブリジストンのShinji Aokiさんはこう話したそう。

「昨年は18℃でしたが、今年は40℃となりました。今年のアッセンに対応できるパフォーマンスは(今回の)タイヤにはありませんでした」

今回のような高温リスク回避のためにムジェロへ向けて熱対応タイヤを作り直しているとか。

このタイヤ問題へのケーシー・ストーナーの発言。

「ブリジストンは明らかに欠陥のあるタイヤを持ってきている。どれだけ彼らが空気圧かセットアップの問題だと説明したところで、あのタイヤの塊が落っこちたところを見れば言い訳のしようがないよ。もはやラップタイム記録を更新するのは無理だね。2007年からブリジストンを使ってきて、彼らと一緒に仕事をしてきたけど、明らかに問題があっても絶対に彼らは認めようとしないんだ。」

この批判に対してAoki氏は、

「ケーシーにとって嬉しい状況ではないでしょう、しかしブリヂストンにとってはケーシーだけの意見を聞くわけにはいかないのです。ファクトリーチームであろうと、CRTであろうと全く同じようにサポートしているのです。」

このブリヂストン問題についてはこんな話も。

なんとブリヂストンはヤマハのライダー達に、彼らが好んで使っているソフトタイヤを使わないほうがいい、と話したとか。ロレンソいわく、「彼ら(ブリヂストン)は僕にタイヤ片が剥がれ落ちるかもと言ってきたんだ」この言葉を信じてハードタイヤを選択したためにレースでいいラップタイムを出せなかったとか・・・。

まぁ結局のところ、低温・平年並・高温、さらにそれぞれ雨・ドライ、コースによっては左右非対称コンパウンド含め、全ての条件用のタイヤをフルラインナップすることは不可能なわけで、多かれ少なかれこういう問題は今後も発生するんでしょうね。

 

・マヒンドラチーム、ライダー交代

Moto3マヒンドラチームのライダーMarcel SchrotterはドイツGPを最後にこのチームを去ることに。同チームのバイクはOral社のエンジンを使用しているが、まだまだ開発途中というレベルだそう。

Shrotter談「僕はまだ19歳で、テストライダーじゃない。もっと上を目指したい」

チームマネージャーのNicola Casadei氏談「我々はそう同意しました。将来彼とまた仕事ができたらいいですね」。

まだ最終決定ではないが、27歳のイタリア人Ricardo Morettiが代役候補。彼は国内125ccクラスでマヒンドラマシンに乗り、Moto3バイクのテストライダーだそう。

 

・ザクセンリンクでのドイツ人優勝は41年ぶり

サンドロ・コルテセ選手のMoto3での優勝は、41年ぶりのザクセンリンクでのドイツ人優勝となった。前回は1971年250ccのYamahaライダーDieter Braun選手。

 

・MotoGPクラスのBMWはクビになるかも

コーリン・エドワーズ選手が乗るNGM Forward CRTチームのBMWエンジン・SuterシャーシのCRTマシンですが、かなり酷い状況のようです。Suter製のフレームはプレシーズンテストからたった1回しか新しいフレームが開発されず、BMWのS1000RR用にBoschが初めて製作したECUは問題だらけ。この状況にコーリンは、

「初めてのテストで判明した問題をいまだに抱えている。このバイクは、頭痛に悩み、尻に毒の蔦がからまった、怒り狂った雄牛のよう。」

乗り換え第一候補はFTR HondaのCRTマシンだそうです。高橋裕紀選手が乗るMoto2でもフレームを乗り換えましたし、NGMは組む相手を見る目がないのか・・・。

 

・経済危機の犠牲者がまた一人

元125ccクラス世界チャンピオンのMike di Meglio選手が最新の経済危機犠牲者に。彼がMoto2のSpeed Upチームのシートを失ったのはスポンサーに指示によるもので、チームへ払うはずのお金を払えなかったからだそう・・・。

 

※今回は久々のGPネタ投稿となってしまいました。理由は色々とあるのですが、ざっくり言えばレース自体が面白くメインストリームのネタだけで満足、小ネタなど必要ないかなと。今回のようにきまぐれに投稿してきます。

 

人気記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>