11th 8月2012

[ツーリングレポート]シアトルBlood Drive 1

by レオ

8/3~8/7の最も日本が暑かった時期に、最高気温25℃程度で湿度も低いシアトルへ行ってきました。アメリカのモペッド乗りのイベント「Blood Drive」へ参加するためです。

そもそもモペッドとは・・・

日本のバイク乗りでも知らない方がほとんどかと思います。モペッド(moped)とは、「motor」+「pedal」で、ペダル付きバイクのことです。日本でも昭和初期ごろには良く利用されていたようですが、現在ではほとんど見かけません。日本で見られる代表的なモペッドは、Tomos、Ciao、Peugeot Vogue、Motobecanあたりです。詳しくはこちら・・

BloodDriveとは・・・

全米規模のモペッド乗りの団体「Moped Army」、そのシアトル支部「Mosquito Fleet」が主催する2年に1度のモペッド乗りのお祭りの名前が「Blood Drive」、今年で8回目です。約100名程度が各々のモペッドをもって集まり、3日間に渡ってシアトル周辺を一緒に走り、毎晩どんちゃん騒ぎをするイベントです。
私が参加するのは初めてですが、日本人としては前回の2年前に2名が参加し、その内の1名と私の二人で今年は参加しました。
Blood Driveの予告動画。大体雰囲気がわかると思いますが、明らかに日本とは異なります・・・。

 

シアトルについて

人口56万人。緯度は北海道あたりに相当し、秋・冬・春はかなり雨の日が多いそうです。夏のこの時期だけ晴れ間が広がり、最高気温25℃程度のとても快適な気候となります。ほとんどの家にはクーラーはありません。雪はほとんど降らないそうです。市内はアメリカらしく、縦横碁盤目状に道が延びますが、かなり急なアップダウンが多いです。非力(大抵は排気量50~70cc程度)なモペッドにはちょっと辛い道路事情です。日本との時差は16時間、直行便で9~10時間程度でシアトル・タコマ空港へ行けます。
地域にもよるのでしょうが、ほとんどが白人で、中南米系?と思われる参加者が2,3名いました。
ちなみに私はハワイへ修学旅行で訪れた以外、初めてのアメリカ本土訪問です。

シアトル到着初日

到着した空港へ、今回の滞在先MosquitoFleet代表ブレンダンと友人クリスが迎えに来てくれました。早速地元レストランで軽食。

つたない英語で頑張って会話をしますが、初対面の緊張もあってなかなか話が続きません。どこか行きたいところはあるか?と聞かれたので、地元のバイクショップへ行ってみたいと伝え、後で行く事に。
食事後、一旦滞在先のブレンダンの家へ。アメリカ人の一般家庭へ入るのはもちろん初めてです。色々と物珍しく、ジロジロと見て回ってしまいます(笑)

今回貸してもらえるモペッドを見せてもらっているうちに、友人らしき人々が続々と集まって来ました。六本木などを歩いていそうな怖い感じの人も(笑)。5名程度集まったところで地元のバイクショップへ。もちろんみんな各々のモペッドに乗って行きます。

やはり日本では見かけないメーカーのグッズがあったりして興味深いです。Araiはこちらでも高級です。

見慣れた隼も

その後、地元のビール工房へ。

人気のブリュワーなのか、続々と地元の人が集まり、楽しそうにビールを飲んでいます。もちろん、モペッド乗りの人々も・・・

この日の夕飯はPinky’s Kitchenという屋台。やはりハンバーガーやサンドイッチです。

夜は自宅へ戻り、裏庭で焚き火をしながらビール。続々と仲間が集まり10人以上と知り合いこの日は終了。やはり気軽に集まれる広さの庭と家は羨ましいです。

アルコールが入ると、みんなゆっくり話してくれるので助かりました。

続く・・・

人気記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>