ジレラ ランナー シリンダーフランジスタッド折れ修理 FXR180

本業?のMotoGPマレーシア・グランプリそっちのけで三重・滋賀・京都とツーリングに行ってきたところなんですが、まずはランナーの修理の話から。

今回の故障の話はこちらから。マフラー固定ボルトが脱落してしまい、フランジ部分だけでの固定となって排気漏れ > レッカーとなりました。単純にボルト脱落だけならネジを買ってきて固定するだけ、十分もあれば修理可能ですが・・・

なんと、フランジのスタッドボルトが片方、折れてました・・・。

(写真を撮ったはずなのですが、なぜか紛失。出てきたらアップします)

根元からポッキリいってしまったのでもはや私の技術では抜くことは不可能。色々調べた結果、残ったスタッドネジ部をドリルで削って除去する作戦に。ネットでは「ネジの薄皮状態」まで綺麗に削れれば除去できるとのことでしたが、無理でしたorz。ドリルを貫通させても除去できず残ったまま。少しずつ削れば除去もできるかもしれませんが、工具も必要になってしまうので今回はそのままタップを切ってネジ止めすることに。

今回初めてネジタップを切ったのですが、手回しだけではなかなか辛かったです。普通はインパクトレンチなんかを使うのだと思いますが、手でいけるところまでやってOKとしてしまいました。(基本的にいい加減です・・・)

で、無事マフラーが取り付けられて走れる状態になりました。増し締め&ネジに印、で再発防止します。

 

次回は「コタツ」の話の予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です