ジレラ ランナー 冬仕様(TUCANOレッグカバー) FXR180

9月早々にグリップヒーターを取り付けたランナー、今年は新兵器としてレッグカバー(通称:コタツ)を導入しました。

スクーター文化の本場ヨーロッパではポピュラーなコタツですが、日本ではほとんど見かけません。私も「あんなカッコ悪いの着けて乗るくらいなら車に乗るわ!」派でしたが、VESPA乗りの友人が使用していたこともあって試してみることに。

購入したのはもちろんTUCANO製、と言ってもイタリア車乗りでなければ知らないのが普通だと思います・・・。レッグカバーと言えばTUCANOと言うくらいイタリア車乗りには有名です(たぶん)。車種タイプ別にラインナップされており、ランナー用ももちろんありました。

取り付けはヒモ・フック、ベルクロ、バンドなどシンプルですが、うまく走行風が入らず、かつバタつきが起きないようになっています。慣れれば5分もかからないです。

実際に取り付けて見てよくできてるなーと感心する部分がいくつもありました。

  • 特許取得済の立体形状
  • 外側生地は撥水加工、内側はふわふわ起毛生地
  • 反射ライン、反射ステッチで夜の視認性UP
  • クビにベルトをかけ、エプロン上にすることで腹・胸もカバー
  • サイドにエアーを入れる部分があり、形状を立体化し、バタつき防止効果
  • 給油口(ランナーは左グリップ下方)、キーシリンダー部の穴とフタカバー
  • 盗難防止ワイヤー

さすが、コタツ文化本場の製品という感じです。ハンドルカバーも着けて冬仕様完成です。

 

“ジレラ ランナー 冬仕様(TUCANOレッグカバー) FXR180” への2件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です