デルビ GP1 250i 細かいカスタムいろいろ DERBI

新しいバイクを手に入れた時(特に個人売買)は、ひと通りの基本整備はせねばなりません。命にかかわる可能性もありますし。

ブレーキまわり

2013-05-09 10.25.44走行距離が短く、きちんと整備されていたようで、オイルはとても綺麗、量も問題なし。ブレーキパッドも新品同様・・・ですが、前後共に鳴きがひどいので、交換したら直ったというベスラ製のものに変える予定。

ミラー交換

GP1の純正ミラー、デザインは悪くないのですが、見づらいほどに横に張り出し過ぎ。GP1はヤマハと同じ逆ネジ仕様の右ミラーだったので余っていたV-maxの純正ミラーに変えてみる。

右が純正、左がV-maxミラー
右が純正、左がV-maxミラー
いい感じ
いい感じ

本当はブラック系のミラーのほうがしっくりくるけれど、純正だけあって見やすいし、V-maxは思い入れの強いバイクでもあったのでこれでOK。

ETC取り付け

これまたV-maxからのお下がりのETCを取り付け。ランナーには必要な時だけバッテリーに直接つけたりしてましたが、コードをビロビロさせたままだったので荷物に引っかかってケーブルが抜けたこともありました・・・。見た目もちゃんとしておきたいGP1にはきちんと取り付けることにします。

本体はココ
本体はココ

設置場所候補を探していると、メットイン後ろに、ここに入れろと言わんばかりの工具入れスペースが。テールから電源をとるにも都合がいいのでここに設置。

インジケーターとセンサー部は、ここから左カウル裏・バッテリー設置部・フロントカウル内を通して、ハンドルまでもってきました。センサーはフロントカウル内、冷却水タンク脇に設置、問題なく受信してくれました。

インジケーターは両面テープでここに。
インジケーターは両面テープでここに。

謎の冷却水警告灯・エンジンオイル警告灯点灯

先日のツーリング中、問題ないはずの冷却水温度警告灯とオイル警告灯が点灯したりしなかったりという状態になりました。オイル量・クーラントには問題がないので電気系統がおかしいのかなぁと漠然と考えていましたが、ここに答えがありました。いやー、本当にインターネットの集合知って素晴らしい。

2013-05-09 10.24.38
ここに水が溜まってました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です