28th 5月2019

SSTR2019 サンライズ サンセット ツーリング ラリー レポート

by レオ

5/25-5/26、行ってきました念願のSSTR2019。

SSTR初挑戦の方針

なにぶん初めてなのでなるべく体力的な負担の少ないルートで行く。

ゴール時間が厳しくなったからガンガン飛ばさなきゃ、なんていうリスクは絶対におかすべきではないですよね。

そのためにそもそも飛ばせないバイクを今回は選択。

アプリリアSRV850

アプリリアSRV850

ツーリングバッグを使わなくても荷物を積めるし、隼のように変な気を起こさないで済むので。

ルートプラン

出発は関東で、自宅から遠くなく、石川への距離が無理なく、道の駅の立ち寄りにロスが少ないルート、という条件で地図をみていて注目したのがここ。

近距離に3つの指定の道の駅

近距離に3つの指定の道の駅

この3つの指定の道の駅のうち、2つもしくは3つ周ればその後のポイント取得が俄然楽になる。そして選んだスタート地点が青丸の熱海市。前泊する宿も見つけやすい(なにより温泉が!)

SSTR2019本番

最大の難関だった日の出前の起床をクリアし、スタート地点にちょうどいい岬で写真撮影。

なぜか隣で和人形の撮影が…

なぜか隣で和人形の撮影が…

無事4:34の日の出とともに出発。

5:04 最初の指定道の駅「箱根峠」でチェック

6:13 指定道の駅「朝霧高原」でチェック

ライダーいっぱい。ほぼ全員SSTRライダー。

朝霧高原 ライダーいっぱい。ほぼ全員SSTRライダー。

この頃はまだ写真を撮る余裕が。

この頃はまだ写真を撮る余裕が。

7:07 中央道双葉SAチェック。給油。朝食。

8:29 中央道八ヶ岳PAチェック。朝食のせいかここで急激に眠気に襲われたので無理せずPAで仮眠。ついでにポイントゲット。

10:43 道の駅「風穴の里」でチェック。これで規定の10ポイント達成。だいぶ千里浜に近づいたせいか、SSTRライダーで溢れかえった道の駅にドン引きする。休憩もせずに退散。このまま千里浜へ向かうと15:00には到着してしまうので休憩がてら近くの日帰り温泉へ向かう。

13:00 日帰り温泉「臥龍の郷」でゆっくり休憩。値段も手頃でライダーもおらず、体力回復。

14:00 そば「寿美久」で昼食。

混んでたけどそばは美味しかった!

混んでたけどそばは美味しかった!

14:30 [トラブル発生!]というほど大げさなものでもなく、高速の分岐で白川郷方面へ行くところを反対の岐阜方向へ道を間違ってしまう。後でわかることですが、これが重要な分岐点でした。

15:00 ルート間違いにすぐ気がつくも、次に降りられるIC荘川までは20kmほど。時間ロスは痛いけれど、タイムリミットまでの猶予はまだまだあったので落ち着いて返金手続き(こちらの間違いにもかかわらず、とても優しく対応してくれたおじちゃん、おばちゃんに感謝!)ここでおじちゃんからこれから向かう白川郷IC~五箇山ICが通行止めになっているとの情報。迂回すれば問題ないとのことだったのでルートはそのまま続行。

16:00 情報通り白川郷IC付近で通行止めに伴う渋滞にハマる。偶然前にはパトカー。もちろんすり抜けなんてする気は起きません(いつもしてませんけどね?)。車は全く進まないまま1時間、ここで時間内ゴールは一度諦めました。余裕こいて温泉なんか行かなければ、分岐を間違わなければというのも後の祭り。何が起きるかわからないのがラリーなのでした。(後で調べたところ、14:50頃、仲間とツーリング中のライダーとセンターラインを超えてきた車がトンネル内で接触し重大事故が発生していたとのこと。もし分岐を間違わなければあるいはという状況でした。不幸に見舞われてしまった同志の冥福を祈ります。)

17:15 ようやく渋滞を抜け白川郷ICから降り、迂回先の五箇山ICから高速復帰。ナビで千里浜までの時間を調べると1時間あまり。19:00のリミットまでまだ望みはある!と先を急ぐ(ただし安全運転で!)

18:30 千里浜なぎさドライブウェイ到着。念願の完走!多くのギャラリーや先着のライダーに迎えられ無事ゴールできました。

夕陽

夕陽

IMG_20190525_193348732

記録

61098077_10218926465254144_3299697612579405824_n

61243921_10218926465534151_5131012581728714752_n

振り返って

ゴールこそみんな同じ場所・時間ながら、そこに至るルートは自分で決め、自分だけの物語を楽しむラリー、僕にはとても合っていました。例えるならRPGウィザードリィ。自由度の高いパーティを作り、自分だけの成長・失敗を超えてエンディングを迎える、そんな印象でした。自分たちでルールを作り、自分たちでイベントを楽しむ、7年前に参加したシアトルのモペットラリーを思い出しました。

SSTRの運営は、エントリーからゴール・イベント含めてとてもしっかりしていましたね。そもそもイベントの趣旨が「過程を楽しむ」ものではありますが。

今回4000名を超える参加者だったとのことで、道中たくさんのSSTRライダーをみましたねー。そして総じて走行マナーは良いように見えました。誰かがこのイベントは「バイク乗りの矜持を見せる場だ」と、そういう想いのライダーが多いのではないでしょうか。SSTRステッカーを見れば参加者であること、場合によっては身元を調べることも可能という状況で、互いのマナーを意識されていたのでしょう。

次回参加は…

前泊・後泊すると高速料金も含めてなかなかの費用がかかるんですよねぇ。次回、キャンプ・一般道使用で節約ゴールを目指すのもありかなー。とりあえず初参加・初完走はできたので、次回参加するとしたらなにかテーマを決めて楽しもうと思います!

人気記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>