アプリリアSRV850 ドライブベルト ウェイトローラー交換 Aprilia

走行距離が20000kmを超えてベルト交換マークが点灯したSRV850くん。

先人の知恵(Google検索…)を頼りになんとか自分で交換しようと試みるも、プーリーナットがどうやっても外せず断念。おとなしくライコランドにおまかせしました。

なんとかここまで頑張ったんですけどね…
なんとかここまで頑張ったんですけどね…

ちなみに交換パーツのドライブベルトはマロッシ製(6115126)こちらはいつものSIPから輸入(137ユーロ)。特殊パーツのウェイトローラーはDr.Pulley公式から直輸入(55ユーロ)しました。

ライコランドでの工賃は基本工賃9800円✕2(パーツ持ち込みのため)で約20000円でした。なんとか自分でやりたかっただけに痛い出費…。まあ技術がなかったのでしかたなし。

SRV850の2万km走行ウェイトローラー
SRV850の2万km走行ウェイトローラー

まさか芯まで摩耗し始めていたとは…。通りでアイドル時のチャカチャカ音が大きく、低回転でのクラッチが滑るわけです。ベルトの方も、摩耗こそ許容範囲だったものの、ひび割れが始まっていました。次回は15000kmあたりで交換ですね。

パーツ交換後のSRV850の警告灯の消し方

  1. 電源OFFから開始
  2. SETボタンを押しながら電源ON
  3. Clockボタンを押して消去する警告灯(ベルトマークかスパナマーク)を点滅させる
  4. Clockボタン長押しで消去

…だったと思います。

 

交換後は…

アイドル音が静かになり、出だしもその後の加速もスムーズになりました(あたりまえ)。これでしばらくは安心です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です