ヤマハ Mio125GP エンジンオイル交換・バッテリー確認 ミオ125

天気が良かったのでヤマハ Mio125GPのオイル交換をしました。

このMio125、タイヤマハのものですが、日本ではほとんど売れてない?せいか、検索しても基本的なメンテナンスに関する情報すらでてきません・・・。購入時についてきた簡単なメンテナンスマニュアルは全てタイ語・・・。とはいえ一応、国産メーカーバイク、難しいことはなくオイル交換できました。

 

エンジンオイルのドレインボルトはセンタースタンドより少し前側にありました。確か13mmのナットです。(黒い画像でわかりづらいです・・・)

外すとどす黒いオイルがでました。スプリングとフィルター(茶こしのような金網)がありますので、廃オイルの中に落とさないように注意します。ちなみにこの構造は以前所有していたマジェスティ125と全く同じでした。

全て出きったら後はエンジンオイルを入れるだけです。規定量は800ccでした。以前、マジェスティ125用に購入して余っていたシェブロンの10w40のオイルを入れました。

 

最近バッテリーが弱くなってきたので、バッテリーの型番を調べてみました。(適合バッテリーすら情報がありません・・・)。

Mio125GPのバッテリーはフロントカウル内にあるので、ケーシングパネル?(フロントパネルの白い部分)を外します。

まず赤丸部分のネジを2つ外します。(画像が暗くてわかりづらいですが、このあたりにあったと思います・・・)

次にヘッドライト下のネジを2つ外します。

外すネジはこれだけです。あとは爪が折れないよう、カウルを外すだけですが、これがなかなか外れません。ステム近くの爪を外せるとうまくいくと思います。爪自体は大きめで折れにくい構造にはなっているので、最終的には力で外しました・・・

外すとバッテリーはすぐ見えるところにあります。これが純正バッテリーです。

GTZ5Sという型番のようです。これで検索すると・・・タイ語のページばかり。楽天やAmazonで検索しても見事に出てきません。どうやら5Sという型番のバッテリーは日本では出回っていないようです。サイズを測ってみると、115 x 68 x 87でしたので適当に同じ大きさのものを探して見ることにします。

 

メモ:走行距離2223km

“ヤマハ Mio125GP エンジンオイル交換・バッテリー確認 ミオ125” への5件の返信

  1. はじめまして!MIO125GPで検索して辿り着きました。
    まだ大型取得してないロッシファンですm(_ _)m
    現在MIO125GPを商談中なんですが、輸入車が初めてな上に店が遠方なため通信販売になることもあり、メンテナンスや消耗品の交換などが不安です。
    いろいろ教えていただけるとありがたいです。
    よろしくお願いします。

    1. TAKさん 初めまして!
      MIO125GPご購入とのことですね!ファン向けレプリカとしては手軽な値段なのがいいですよね。
      私もそんなに詳しいわけではないですが、このバイクは特別な装備は特にない、いたってスタンダードなスクーターなので、メンテナンス等については何も心配は要らないと思います。
      一点、気をつけたほうがいいのはタイヤの空気圧です。このバイク、本当に空気が抜けやすく、しかもタイヤが細いのでその影響が大きいです。こまめに補充してやって下さい。

  2. ありがとうございます!納車したらまたいろいろと教えてくださいね(^ー^)ノ
    今後ともよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です